スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

KMA ベーシック1最終回 

今日の玄米弁当(まだ、食べてませんが・・・)
黒豆玄米ごはん
たくあん ゴマ塩 ゆかり
かぼちゃの種のふりかけ
梅干し

朝日(と呼ぶには遅すぎるかしらん)が
窓際(!)の私の机に降り注いできてくれてます。
昨日とは、うって変わっての好天に、
心も晴れ晴れ~ってな具合に持っていきたいものです。

ベーシック1の最終回はパトリシオ先生の講義でした。
前回よりも、さらにやさし~いお声でお話してくださいました。
男性で、こんなにソフトな人は見たことがありません。
でもちょっと元気がないのかな?と思いました。
ヨーロッパにご出張に行かれたりとかなり多忙なようです。

今回もたくさんのお話をしてくださいました。
やっぱり肝は
「マクロビオティックは、
自分自身をみつめて、自分でコントロールしていくこと」
でしょうか。
果てしない道のりのようですが、
実は、毎日の一食、一食に何を食べるかに集約されていくように
思います。
まあ、それが難しいっちゃそうなんですが(^^ゞ

ここのところ過食をどうにもコントロールできなくて
コマってしまってワンワンワンでございます。
そりゃそりゃ、昔に比べると小食になったなあとは
思いますが、マクロだと完全に食べすぎ状態です。

食べ過ぎると、
まず、お出ましになりにくくなります。
舌の両端が痛みます。
そして、やたらに眠いです。
どうでもいいことでいらいらします。
当然、体重もうなぎ昇り(-"-)
とにかく、居心地悪いのです。

こういうことに気がつくようになっただけでも
進歩なのかもしれませんね。

でも、でも、なぜか過食が治らない。

日常が忙しすぎて、なかなか落ち着いて
対処方法を見いだせないでいます。
今日は、なんとか玄米だけは炊きました。
眠りながら炊いたので、焦げてしまいました(/_;)
おかずは何も作れなかったけど、ごはんだけ
詰めて持ってきました。
お昼になったら、ゆっくりよく噛んでいただこうと思います。

とりあえず、どんなときも、一歩一歩ですね。


スポンサーサイト

[2008/12/18 10:42] KMA | TB(0) | CM(6)

蜜入りりんごで焼きりんご 

今日の玄米弁当

玄米ごはん
ほうれん草のおひたし
ひじきいりこん
切干と高野豆腐煮
ごま塩 うめぼし
根菜と大豆こんにゃく麺のごま坦々風スープ

寒くなってきましたねぇ。
手が寒いので、あったかい汁物がほしいなあと
ナチュラル・ローソンでカップ入りのスープを買ってきました。
ほうれん草は買わないようにしているのですが
小松菜と間違えてしまいました。
近視のせいか、老眼のせいか、はたまた
究極のおっちょこちょいなのかは・・・・
考えないようにしましょう。

子どもたちが幼いころ、リンゴ狩りによく出かけた
野尻湖の近くのりんご園から
蜜がたーっぷり入ったリンゴが一箱届きました。
さっそく、「焼きりんごたべた~い」のリクエスト。
base cafeのように、横にスライスしてフライパンで焼いてみました。
オーブンに入れるのは省略(^^ゞ

NEC_0105.jpg


豆腐クリームをとろ~りかけて、さあ召し上がれ♪
楽しいデザートタイムのはじまり、はじまり~♪
・・・・が、そうは問屋が卸しません。

「豆腐クリームってなに???オレ、リンゴだけでいいから!」
とつれないお返事。
息子のお皿には3枚の焼きりんごをのっけてやりましたが
2枚食べたところで「甘すぎてもういらない!」
お塩をちょっとふって焼いただけでしたが・・・。
果物って本当に甘いのですね。



[2008/12/09 13:38] 作ってみました♪ | TB(0) | CM(2)

チャヤマクロビカフェ 

今日のお弁当

テンペのサンドイッチ
ほうじ茶

アカデミーの復習で作ったテンペのサンドイッチの具材と、
渡邉幸子先生のクラスで教えていただいたバジルソースを組み合わせた
サンドイッチをお弁当にしました。
ろばやさんで買った玄米食パンを蒸して、ソースをたっぷり。
テンペは2枚にスライスしてはさみました。
ブロッコリースプラウトとレタスもたっぷり。
ワックスペーパーで包みますと、湿気もこもらずよい具合。
お昼になても、パンはふわふわしたままでした。
やっぱり蒸したパンはおいしい!!
アカデミーのレシピでは、白ゴマペーストにお醤油をちょっぴり足して
作るソースを塗るのですが、バジルソースもなかなか。
ちょっとバターのような味がします。

日曜日は高校時代の友人達と
横浜ルミネのチャヤさんのカフェでおしゃべりしてきました。
高きびと大豆のベジローフと苺のショートケーキ、三年番茶をいただきました。
お友達はモンブランと洋ナシのムースにしたので、そちらも味見させてもらいました。
とにかく、これ以上もちもちにはできないでしょう!というくらい
もっちもちの玄米ごはんがおいしかったです。
ベジローフも濃厚で大満足のお味でしたが、なんとも小さいのです(涙)
まあ、腹6分目くらいの全体量でしたが
すでに妙齢の女3人にはぴったりのランチでした。
スイーツも甘くてびっくり。
苺のケーキのクリームにはアーモンドペーストでこくを出してあるようでした。
味を確認したり、レシピのアイディアをもらったりできるし、
外からの刺激が大事だなあと思いました。

[2008/12/08 14:01] 外ごはん | TB(0) | CM(0)

cocina felizのクラス 

今日の玄米弁当

玄米ごはん
焼きがんも
蒸したブロッコリーの茎 タヒニソース
小松菜と油揚げの炒め煮
ひじきいりこん
ゴマ塩 梅干し

三之助さんのがんも。
おしょうゆをまぶして、オーブントースターで焼いただけ。
なのに、こくがあって、しっとりしていておいしいです。
ちゃんと作られたものは、全然違います。
・・・・と思ったことがもうひとつ。
今朝、晩御飯のおかずにと、白菜と玉ねぎを蒸し煮に
したものを支度してきたのですが、
白菜は近所のスーパーで買ったもので作りました。
有機の白菜ではないせいか、しっかり蒸し煮にしても
野菜自体に臭みがあるようなのです。
どんなお野菜もありがたくいただこうと思いますが
こうも違いがはっきり出ちゃうと、
できる限りはやっぱり有機のお野菜にしたいなあと思ってしまいます。

ところで、幸運にも渡邉幸子先生の
cocina felizのクラスに参加することができました!!!
メニューは先生のブログを見ていただくとして・・・。

クラスの内容も、参加されたみなさまも
もちろんとってもすてきでした!!
なにより、すべてをいつくしむようにお料理される
幸子先生が、本当にすばらしいかったです。
私より何倍も若い(ってな表現あり??)のに
お手本にしたい女性です。

最大の悩み「過食」を避ける方法をおたずねすると
「何か食べたくなったら玄米を食べてください。
そして100回噛んでください。」と教えていただきました。
楽しくマクロビをすることも基本ですが、
身体を心地よくすることは、もっと、その
土台だなあと思うのです。
10月頃の6号食を実践していたときの
心と体の軽さ・・・を思い出して、
改めて精進せにゃ!!!と決意しております。

とはいえ、クラスで習ったお料理は忘れないうちに
復習したいもの。
バジルと酒粕を買って、週末に作るぞ!!





[2008/12/05 13:32] クッキングクラス | TB(0) | CM(0)

KMA調理実習7回目 

今日の玄米弁当
玄米ごはん
小松菜と油揚げの炒め煮
ひじきいりこん
切干高野豆腐煮
ゴマ塩 たくあん
梅干し

基本食はアカデミーで習ったことを応用しながら、大森 一慧先生のレシピで作ることが多いです。でも小豆かぼちゃはアカデミーのレシピで作っています。かぼちゃの量が多くて満足できるので。今週は小豆かぼちゃを煮ていないのでさみしい。今夜、作りましょ。

さてさて、調理実習もフィナーレです。

全粒粉ペンネのクリームソース
丸麦のミネストローネ
白身魚と野菜の蒸しもの 豆腐マヨネーズ添え
海草サラダ 梅酢ドレッシング
クスクスとアプリコットのケーキ
(いずれも正式名称失念・・・いいかげんですみません)


2回目の実習に続き、中島えみ先生でした。お肌が陶器のようになめらかな、美人先生です。
「あ、まちがえちゃった」とお茶目ににっこりされたりするところが、とってもかわいいのです。
空気がふんわりした、とてもすてきな授業でした。
テーブルのみんなとメアドの交換などしていたら、一番最後になってしまい
残っていらした中島先生とおしゃべりしたり。
そのあともショップで買い物していたら、先生もいらして、またまたおしゃべり。
気さくですてきな先生です。
マクロビオティックを続けていたら、こんなすてきな人になれるのね!
という見本のような先生方に教えていただけて幸せでした。
始まる前には、3か月続くかな???と心配でしたが、
あっという間でした。来週のパトリシオ先生の講義で最後ですが、
テーブルのみんなもほとんどが2に進むみたいなので、ひと安心。
アドバンスまでは続けないなあと思っていますが・・・。

昨日の実習では私はペンネを作りましたが、
お塩が足りなくて寝ぼけた味になってしまいました。
ミネストローネも同様ですが、塩味はしっかりつけないと
野菜の甘みを引き出すことができません。
家ではけっこう塩味きつかった!?と失敗することが多いのに
教室ではなぜか、お塩が遠慮がちになってしまいます。
みえ先生も「みなさん、マクロビオティックは薄味だと思いこんで
いらっしゃるみたいですが、塩味は自分がおいしいと感じるように
つけてください。続けていくうちに自然に薄味になっていくことが
多いのであって、最初から薄味にする必要はないですよ」と
おっしゃっていたのにもかかわらず・・・。
先生のパスタとスープが試食に出されましたが、
どちらもお野菜の味がしっかりしていて、甘い。
塩味を感じることは全然ないのです。
この甘みを出すためには、ある程度のお塩が必要なのですね。
塩の量をきめるには、やはり何度も作って経験するしかないかな、と思いました。

NEC_0097.jpg

ペンネの上にたっぷりのっかっているのは、ルッコラです。
どのお料理もとてもおいしかったので、おうちでも作ってみようと思います。
クスクスはニンジンジュースで煮たのですが、
リンゴジュースでもできるみたいなので、そちらで挑戦です。
お豆腐のマヨネーズはそれだけでもすくって食べたいくらいおいしいです。
蒸しもののお魚は天然のヒラメ。
「築地直送ですよ!」と先生が笑顔でおっしゃてって、みんな大笑いでした。
まさか、マクロビオティックのレッスンで築地直送のお魚が食べられるとは
思っていませんでした。
食べたい人はアニマル・フードもオッケーなのがマクロビオティック。
自分にあった食べ方をできるように考えることもまた、マクロビオティックだそうです。
マクロビオティックの懐の深さに気づけたような気がします。





[2008/12/04 13:50] KMA | TB(0) | CM(4)

第一大根湯 

今日の玄米弁当
玄米ごはん
車麩と大根のこしょう煮
春雨の炒め煮
ひじきいりこん
ゴマ塩 たくあん
梅干し

週末からお米がササニシキになりました。五分搗きで炊いたごはんは子どものころ食べていたのと同じ味のごはん。ずーっとコシヒカリだけを食べて育ったと思いこんでいたのですが、違っていたかも。ササニシキは玄米もあっさりとした炊き上がりです。天日干しで丁寧に作られたお米のせいか、研ぐときからやさしい手触り。お米ってこんなに違うんだなあとびっくりです。ありがたく、心をこめて炊き、味あわせていただこうと思います。

上の息子が風邪をひいてしまい、38度の熱と咳がありましたので、第一大根湯を飲ませました。おかげで熱は翌日には下がりました。実は、第一大根湯を作ったのは初めてでした。お手当のレシピは完璧に作らないと効果がないような気がしてなかなか手がでないでいたのですが、せっかくマクロビオティックを始めたのだから、とチャレンジ。作ってみたら意外に簡単でした。そして、なんとなんと、とーってもおいしいんですね。倍量作って、熱なんてないのに私もお相伴いたしました。
[2008/12/02 13:52] マクロビと家族 | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。