スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

心を亡くす 

忙しいとは心を亡くすこと、とはよく言われることですが、
本当に、今年に入ってからは忙しかった。
いや、今も忙しいのだけど。

忙しいっていったいどんな状態かというと、
仕事が忙しい。
つねに入稿に追われている、ずっと。
その割に売り上げは上がらず、
お給料も増えない。
悪循環です~。

で、心を亡くす話。

そんなに忙しくても心は亡くならない。
むしろ、「あ~なんでこんなに忙しいのよ~!」といらいらする。
不平や不満がうろうろ出てくる。
マクロビオティックのお料理を落ち着いてつくる元気もなくなる。

亡くなるのは、楽しい心、落ち着いた心、やさしい心。



スポンサーサイト

[2010/10/16 21:54] 日記 | トラックバック(-) | CM(1)

こんなにすてきな学級通信 

こんな先生もいるんだ!ってびっくりして感動しました。
授業参加に行ってみたい。



もぐらのさんぽ

お子さんがいない人も読んでみて。
[2010/06/18 17:25] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

10,000時間 

ほぼ日手帳の毎日のページの一番下にある今日のお言葉で、
吉本隆明さんがなんでも、10年続ければものになるとおっしゃってます。
3時間ずつの10年間続けると、のべ10,000時間やったことになる。

気が遠くなるけど、それだけ継続すれば凡才でもなんとかんるらしい。

今から始めると還暦過ぎちゃうけど、やらないよりはうんとまし。
で、何を???
[2010/06/02 15:52] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

マクロビオティック・リスタート 

縁あって、2月から「健康になるための市民プロジェクト」という集まりに
参加させていただいています。
まだまだ、産声を上げたばかりの有志の集まりです。

自分が思う「健康」な状態に向けて
それぞれのアプローチで近づいていく

というゆるーいお約束を基本にする
ということがようやく確認されたという状況。

そもそもは、一新塾 という社会起業家さんを要請する講座で
志をひとつにする仲間が集まって始められたフォーラムなのですが
そこに私も入れていただいた、という次第です。

代表の方、40代の男性ですが、がマクロビオティックに興味があり
いろいろ学びたいけど、若い女性に混ざって学校に行くのはちょっと、と
おっしゃるので、さわりだけ、私からお話することになりました。

もちろん、マクロビオティックを教えることはできないので
これまで学んだことを私なりの理解の範囲で・・・
という限定条件付きなのですが、
それでもいいとおっしゃっていただいたので
がんばってお引き受けすることにしました。

まだまだ、私自身何もわかっていないのですが
最初に自分が知りたかったことや
マクロビオティックのことを誤解して遠回りしないように
最初の一歩を私なりに・・・と思っています。

こういう機会をいただけたのは
「自分で考えてマクロをやろう」と思っている私にとっては
とても有り難いことだなあと思います。

間違ったことをお話しないように
しっかりと下準備をしていきたいと思います。

さて、ここまでは実は前フリ。
私としては、プロジェクトにお集まりいただいたみなさまに
「ああ、マクロビオティックをするとこんなに健康になれるのね、
こんなに幸せそうになれるのね」と思っていただけることが
真の目的です。
数か月でそうなるのは極めて困難とは思いますが
一歩でも近づくために、これまでよりも
もっともっと、マクロビオティックを楽しみたい。

今日から、リスタートです。


[2010/05/17 14:41] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

幸せの「かきくけこ」 

以前お仕事でお世話になった方に久しぶりにお会いして、お昼ごはんをご一緒させていただきました。

当時は、他のスタッフと複数でお会いすることが多かったし
仕事以外の話はあまりしたことがなかったのですが、
今日はその方のお話をたくさん聴くことができました。

とても温厚で人望の厚い方なので、どのお話も心にしみるものばかりだったのですが
中でも、幸せの「かきくけこ」はいつも心に留めておきたいと思ったので
メモ代わりにここに書いてみます。


幸せの「かきくけこ」

か・・・感動
き・・・興味
く・・・工夫
け・・・健康
こ・・・恋すること


恋すること・・・は何も男女の恋ばかりでなくれ(それも大切だけど)
自分が好き!とか、いいな!と思った人やことを持つと
いつもわくわくと楽しい気持ちでいられるし、
そのことに一生懸命になれるからいいよ、と。

彼は写真家で、生徒さんに写真を教えるということもされているのですが
いつも、写真は楽しんで撮りましょうと言い続けているそうです。
せっかく撮るのに、上手に撮ろうとか力まずに
とにかく楽しんで撮らなければもったいない、と。
そして、生徒さんが楽しめるために、
必ず、いいところを見つけて誉めてあげるのだそうです。
毎回、毎回、些細なことでも誉めていると
いつの間にか欠点が見えなくなってきて、
いい写真が撮れるようになるのだとか。
彼のお弟子さんの中には、初心者で始めたのに
個展を開いたり、写真集を出したりする腕前になられた方
(しかも、60代の女性たちです!)が何人もいらっしゃるそうです。


仕事も同じで、楽しくやらなくちゃ意味がない。
どんなときでも楽しめるようにポジティブに考え
そして、うまくいかないときは、いろいろ工夫してみるといいよ、とも
おっしゃっていただきました。

最後の決め台詞は
「夢は必ずかなうもの、かなわらなければ夢じゃない。
どんなときも楽しみながら、続けていけば
願ったように人生が向いていくものだよ。
それが仕事であれ、趣味であれ、真理はひとつだと思う。」

マクロビオティックを相通ずるものを感じました!

私の周りには、本当にすてきな方がたくさんいらっしゃる。
うれしく、そしてありがたく思います。

さあ、今日も残業がんばりましょう!



[2010/03/29 19:01] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。