スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シンプルモダンマクロビオティック 平田シェフの出版記念イベントに・・・ 

お茶の水のガイアさん主催
シンプルモダンマクロビオティック のオーナーシェフ平田優さん著
『Simple moderne macrobiotique』出版記念パーティー掲載料理のお味見パーティ
& Enjoy Macrobiotique Talk
に参加してきました。
平田さんとデコさんと、編集者の吉度さんとのトーク
+
シェフ自らおつくりになったお料理のお味見!!

NEC_0195.jpg

お味見といっても量もた~っぷりで、お腹もこころも超幸せ~(はぁと)
少年を大人にしたみたいな平田シェフ。
あんまりキュートなのでついみとれしまって
お料理のメモしてくるのをすっかり忘れました。
ラタトゥーユ
キャベツのファルシー
里芋のそぼろ
玄米ごはん2種(鉄火みそと・・・あと忘れました(^^ゞ)
きのこのパスタ
チンゲンサイと何かのソテー
チョコレートケーキ
何かのパウンド
・・・などなど、です。
『Simple moderne macrobiotique』に掲載のレシピばかりなので
ご興味のある方はぜひご本をご覧ください。
どのお品もすばらしいお味でした。
言われないとマクロビのお料理とは気がつかないと思います。
味付けはお塩とおしょうゆだけ、と本には書いてあるのに
「ほんとに~?????」クエスチョンマークがいくつあっても
足りないくらい、あんびりーばぼーでございます。
シェフが作るとマクロビもマクロビでなくなるんですね!!!
KMAのクラスや単発クラスで味わう先生方のお味も
とてもすばらしく、どっちがどうということはないのですが
あえて違いがあるとすると
先生方のお料理はやさしくて味わいが奥深い、滋養に満ちた感じ。
自分が作るものと似て非なるもの、というか
同じことやっているのに、どうしてこう味の厚みが違うのかしらん?
という気分
シェフのお料理は、また、別次元の味わい。
ひじきであってひじきでない
キャベツであってキャベツでない
パスタであってパスタでな
まいった!!
という気分

ご本を見て作ってみたいNO.1は
ひじきが詰め物のキャベツのファルシーと
チョコレートケーキです。
あ、No.1といいつつ、2つありますね(^^ゞ

トークの話題に移りますと・・・
奇しくも、アカデミーの虻川先生の講義とほぼ同じことが
語られておりました。
そうです「マクロをもっと楽しみましょう」ということ。
デコさんは、相変わらずのデコ節で
「自分の人生を楽しくするには健康が一番、シンプルが一番!」
とおっしゃってました。
平田シェフは
「マクロを人に強要してはならない。自分がやっていて
楽しいという姿をひとに見せて、なんでそんなに楽しいのか?
と思わせるのがいい」
吉度さんは
「家族が楽しんでくれた初めて自分も楽しい。
家族に対しては寛容に。
家族が楽しめるまでに自分は20年かかりました。」
という趣旨のことから話が始り、最後はふんどしが
いかにここちよいか!で終わりました(笑)
私は吉度さんの「家族が楽しんでくれてはじめて
マクロビオティックが楽しめる」ということばが
とても心に残りました。
そうなんですよね。
つれあいや息子たちの健康のためもあって
マクロビオティックを始めたのに
彼らが食べたいものを取り上げてばかり・・・。
やさしい家族は黙って食べてくれていますが
やっぱり、楽しさを取り戻さないと、ですね。
アニマルフードを上手に取り入れながら
マクロに移行していく・・・まさしく移行期の食事を
家族のためにしっかり作っていきたいな、と
改めて思いました。

chef_book.jpg

一般の書店では取り扱っていないそうです。
こちらから購入できそうです。
吉度さんからもたっくさん宣伝してください!と頼まれました。
よろしければ、是非ぜひ。
goldy2超おすすめですっ!!
スポンサーサイト

[2009/03/06 14:28] クッキングクラス | TB(0) | CM(12)

cocina felizのクラス 

幸子先生のクラスに参加させていただきました。
さんさんと降り注ぐ春の陽気と同じくらいあったかな先生とクラスのみなさん。
同じ場所で同じ時間を共有させていただける、それだけで
幸せになる、とてもすてきなレッスンでした。

NEC_0174.jpg

・熱々クリーミィ担担麺
・ポルチーニ茸といろいろきのこのスパゲティ
・魚介と野菜のシチュー
・大根のサラダ
・ドライフルーツ入りブラウニー

男性好みのメニュー大会ということで、こんなマクロのお料理なら
我が家の男の子達が喜んでくれるかなあと思って参加させていただきました。

クラスでは、参加者が手分けして作るのですが、私は
主にシチューを担当させていただきました。
あらかじめ幸子先生が刻んでおいてくださった大量の玉ねぎを
赤のル・クルーゼのお鍋で1/5量になるまでじっくり炒めます。
玉ねぎの甘みが味のベースとなるので、ここは絶対に手抜きできないのです。
玉ねぎの混ぜ方や火加減でも味が全然違ってくるとか。
幸子先生に玉ねぎの炒め方を教えていただきました。
情報としては知っていること、なのですが
実際にお鍋を前にしてできているか、というと
これが全然だとういことがわかり、内心びっくりでした。
レシピだけではわからないこと、
できていると思っていても実はそうではないこと
など、クラスに参加してこその気づきです。
ありがたいことでございます。

熱々クリーミィ坦坦麺も、すごく丁寧な作り方をします。
そのかいあって、とってもおいしかったので、
さっそくバレンタインの日におうちで復習してみました。
クラスではたくさんの手があるのでスムーズでしたが
おうちでひとりで作るとなると、段どりを頭によーく叩き込んで
すべての材料を用意して、一気に仕上げないと
「熱々」をいただくことができません。
麺類はすべからくそうなのですが・・・。
それでも作って食べたい、おいしい坦坦麺です。
家族からもとても好評でした。
ただ・・・「これって肉じゃないの・・・。」と落胆してはおりましたが(^^ゞ

ドライフルーツ入りブラウニーも幸子先生の究極のレシピ!
言われなければマクロのお菓子とは思えません。
一緒に参加していたお友達のお嬢さんは、日ごろはマクロの
お料理は・・・という感じだそうですが、このブラウニーは
「うん、おいしいじゃん」と太鼓判だったそうです。

陽性が抜けてきたら作ってみたいリストに加えて
その日を待ちたいと思います♪


[2009/02/18 10:13] クッキングクラス | TB(0) | CM(2)

渡邉幸子先生のクッキングクラス 

今日の玄米弁当
黒豆黒米キヌア入り玄米ごはんのおにぎり(大根葉・梅干し)
べったら漬け

先週またまた幸子先生のクラスを楽しませていただくことができました。
NEC_0160.jpg
ありがたいことでございます。

メニュー
そぼろもどき
入り卵もどき
豆腐のそぼろごはん
高野豆腐のハーブカツ
コールスロー
まかないスープ
リンゴのコンポート
でした。

お目当ては高野豆腐のハーブカツ。ハーブはドライのバジルでした。揚げ物の細かいポイントを丁寧に教えていただけたので、これからはおうちでも抜群においしいハーブカツを作ることができる(はず!)高野豆腐のカツは以前にも作ったことがあるのですが、ハーブを入れることでおしゃれなお料理に変身します。お弁当にもぴったり~なので、男の子たちのランチにこっそり投入する日を密に夢見ております♪
そしてそして、実は眼中になかったそぼろ2品がクリーンヒット!
そぼろもどきはセイタンミンチで、入り卵もどきは高野豆腐とかぼちゃで作るのですが、
これが手間も時間もかからず、しかもおいしい!というすぐれものレシピ。
次の日のお弁当に登場させました!
男の子達には入り卵もどきは甘くていまいちだったようですので
(大人にはちょうどいいんですがね~(^^ゞ)
次は我が家仕様にちょっぴり工夫してみようと思います。

幸子先生はいつもの通りかわいらしくて、うっとり♪
ホノルルマラソンに参加された際のお話も楽しませていただきました。
アカデミーでパトリシオ先生にいただいたアドバイスの話をさせていただくと
いっぱい励ましてくださいました。
幸子先生ありがとうございます♪

そして、クラスにはアカデミーのbasic1で一緒だった方も参加されていて
久しぶりの再会にはしゃいでしまいました。また、初対面の若いお穣さんたちも
とてもかわいい人たちばかりで、クラスの雰囲気もなごやか~。
マクロを通して出会う方々はみんなすてきな方ばかりです♪
[2009/02/03 13:53] クッキングクラス | TB(0) | CM(4)

cocina felizのクラス 

今日の玄米弁当

玄米ごはん
焼きがんも
蒸したブロッコリーの茎 タヒニソース
小松菜と油揚げの炒め煮
ひじきいりこん
ゴマ塩 梅干し

三之助さんのがんも。
おしょうゆをまぶして、オーブントースターで焼いただけ。
なのに、こくがあって、しっとりしていておいしいです。
ちゃんと作られたものは、全然違います。
・・・・と思ったことがもうひとつ。
今朝、晩御飯のおかずにと、白菜と玉ねぎを蒸し煮に
したものを支度してきたのですが、
白菜は近所のスーパーで買ったもので作りました。
有機の白菜ではないせいか、しっかり蒸し煮にしても
野菜自体に臭みがあるようなのです。
どんなお野菜もありがたくいただこうと思いますが
こうも違いがはっきり出ちゃうと、
できる限りはやっぱり有機のお野菜にしたいなあと思ってしまいます。

ところで、幸運にも渡邉幸子先生の
cocina felizのクラスに参加することができました!!!
メニューは先生のブログを見ていただくとして・・・。

クラスの内容も、参加されたみなさまも
もちろんとってもすてきでした!!
なにより、すべてをいつくしむようにお料理される
幸子先生が、本当にすばらしいかったです。
私より何倍も若い(ってな表現あり??)のに
お手本にしたい女性です。

最大の悩み「過食」を避ける方法をおたずねすると
「何か食べたくなったら玄米を食べてください。
そして100回噛んでください。」と教えていただきました。
楽しくマクロビをすることも基本ですが、
身体を心地よくすることは、もっと、その
土台だなあと思うのです。
10月頃の6号食を実践していたときの
心と体の軽さ・・・を思い出して、
改めて精進せにゃ!!!と決意しております。

とはいえ、クラスで習ったお料理は忘れないうちに
復習したいもの。
バジルと酒粕を買って、週末に作るぞ!!





[2008/12/05 13:32] クッキングクラス | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。