スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

白クマくん 

今日のお弁当
玄米ごはん
切干高野豆腐煮
にんじんとズッキーニの塩蒸し
ひじきのマリネ

NEC_0587.jpg

この白クマくんはすぐれもの!
蓋に保冷剤が入っていて、冷凍庫で凍らせてから使います。
サラダやフルーツ、デザートなどが冷たいまま楽しめるのです。

息子のために購入したのですが、まだ1回しか持たせていません。
その1回も、大きいサイズの白クマくんにごはんを入れて
小さいサイズ2個におかずをそれぞれ入れて持たせたのですが
保冷剤が効きすぎて、ごはんがカチカチになってしまったとかで大失敗。
「まあ、なんとか食べたけどね。次からはやめてよね」
と言われてしまいました。
蓋を3つとも冷凍していたのが敗因で
朝、あわてて蓋を解凍して(笑)持たせたのですが
間に合わず・・・。
宝の持ち腐れとはこのことでございますね。

今日は、冷凍のごはんを持ってきて、会社でチンして(ほんとはいけないんだけど)
おかずは冷凍していない白クマくんに入れてきました。
貧弱なおかずなので、ピンボケでご紹介^^;

ひじきのマリネは、川内 翔保子先生のレシピから。
ゆでたひじきを、梅酢+おしょうゆ+オリーブオイル各同量の
マリネ液に一晩漬けるだけ。
トーストにのっけてもおいしいそうです。
明日の朝のお楽しみです。
そうなんです、私は最近、朝またトーストになりました・・・。
毎日残業で、夕食が10時前後になることもしばしば。
朝から玄米がちょっときつくて、ついつい・・・。
ちょっとつらいけど、乗り切らなければ、です。

スポンサーサイト

[2009/09/11 13:59] お弁当 | トラックバック(-) | CM(12)

マスタークックで炊くおから煮 

今日のお弁当

玄米ごはん
おから煮
キャベツともやし、人参のウォーターソテー
れんこんとネギの青いところのきんぴら
たくあん 黒ゴマ

NEC_0581.jpg

KMAアドバンスで習ったおからのレシピで作りました。
マスタークックで作ると、水分がいい具合に飛んで
ふっくらしっとり出来上がりました。
ウォーターソテーもマスタークックで。
ステンレスの多重層鍋も重宝ですが
マスタークックは遠赤外線効果?で
素材の味がやさしく出てくれると思います。

おから煮のバリエーションとして
春巻きの具はもちろん、ソイマヨで和えてサラダに
コロッケに、ハンバーグにも、と書いてありました。
サラダにして、朝のトーストにのっけて食べてみたいかなあ。

[2009/09/09 15:08] お弁当 | トラックバック(-) | CM(10)

ねぎ味噌にんじん 

お弁当講座に行く前のBefore修業

NEC_0580.jpg

玄米ごはん
三之助さんのがんも
ほうれん草のおひたし
切干高野豆腐
ねぎ味噌にんじん
油みそ ゴマ塩

本日のメインはねぎ味噌にんじんです。
奥津さんの朝昼夜のレシピ本の中のAutumnから。
気管支をすっきりさせてくれるお料理だそうです。
息子が慢性の気管支炎で
お彼岸のころには毎年熱を出すので
今年は事前に、食べ物でお手当です。
しっとりとやさしい味。
玄米ごはんにとてもよくあいました。

[2009/09/08 13:51] お弁当 | トラックバック(-) | CM(12)

ボダム(bodum) 

今日のお弁当

黒米イナキビ玄米ごはん
セイタンそぼろ
里芋の含め煮
茹でいんげん
たくあん 

ご近所さんから巨大な里芋をたっくさんいただきました。
里芋じゃなくて「セレベス」というお芋かもしれませんが
詳細不明です。
里芋よりも柔らかく、ほっかほかに炊き上がりました。
薄味で煮つけたので、マッシュにしてコロッケなんかにも
変身させられそうです。

4558-10.jpg

土曜日にTHE LEAGIAN TOKYOでランチしたとき
ハーブティがサーブされてきたカップです。
こんな紫色のリキッドだと艶っぽいけど
浅黄色のハーブティも、とても似合っていました。
ボダムというメーカー?のものらしく、他には

プレースマットや
100951-03DO.jpg
ナプキンが
ZS-583.jpg
かわいいのです

[2009/03/03 16:01] お弁当 | TB(0) | CM(4)

おにしめ 

今日の玄米弁当
黒米と高黍入り玄米ごはん
お煮しめ(厚揚げ、大根、さやえんどう)
白菜の浅漬け 黒ゴマ塩

NEC_0143.jpg

最近お煮しめに凝ってます。
マクロのお料理の基本中の基本なので
上手に作れるようになりたくて。
アカデミーではお煮しめはお料理の名前ではなく
「NISHIME COOKING」という調理法だと教わりました。
確かに、どんな材料でも作れるし、手間もかからないし、
陰陽の加減もつけられるし・・・。
マスタークックの土鍋で作るとやわらかく、ほんわかした仕上がりです。
ステンレスの多重層鍋で作ると、しっかりとした煮上がり。
どちらもおいしいです。
今日はお弁当用なので早くできるステンレスのお鍋で煮ました。
大好きな三之助さんの厚揚げにおしょうゆの味がしみて
思わず「おいし~い♪」と叫びそうになってしまいましたが
会社なので我慢しましたよ(^・^)

[2009/01/21 13:36] お弁当 | TB(0) | CM(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。